着物レンタルで粋に東京浅草を歩こう!

2019.9.24

日本でも大都会の東京で、日本情緒に触れることのできる場所があります。それが、下町といわれる「浅草」。国内外から訪れる観光客でにぎわうその土地は、下町情緒を感じさせる街並みで人気です。その街並みを「着物を着て粋に歩く」そのような体験をしてみませんか。

下町と着物

東京・浅草は、江戸時代以降から日本の繁華街のひとつとして栄えてきました。その中でも浅草は、古き良き下町情緒を残した土地となっています。

観光名所となる雷門、仲見世通り、浅草寺本殿を訪れる際に着物を着ているだけで、周りの方から羨望のまなざしを受けること間違いなしでしょう。

それだけではなく、思い出に残るワンショットに歴史ある建物や風景と、着物を着ている自分が映ることで、他の観光地では残せない華やかな写真やムービーとなることでしょう。

着物を着て浅草ショット

・浅草でインスタ映えを狙うなら、鮮やかな朱色の鳥居や巨大な提灯で有名な浅草寺でしょう。レトロな佇まいはノスタルジックなショットが狙えます。

・街歩きも乙なものですが、レンタル着物を着ているときは、いつものように歩くことができないことや、ついつい歩きすぎてしまったときには人力車に乗ってみることもおススメです。着物と人力車の取り合わせは、時代を超えたワンショットとなるでしょう。

・300メートルを超えるアーケードで、情緒ある商店街として知られる仲見世商店街。お店の雰囲気だけでなく、日本ならではのグルメと一緒に写真に撮りためたい場所です。

レンタルだから良い!

今では洋服が主流となっている日本。外国からの観光客のみならず日本の方も、着物を着ることに慣れていないという方も多いことでしょう。

着物と帯の選び方がわからないという方も、経験を積んだスタッフに聞くことで解決。もちろん着付けに行く際は、着付けに必要なものを準備することはないので、手ぶらで行けることも着物レンタルの良いところです。

着物はサイズが選べる?

サイズが大きい方、逆に小柄な方そのような方でも「着物レンタル」は、サイズに合わせた着物を着付けしてくれます。(事前予約を入れておくとサイズの取り置きをしてくれます)

ヘアースタイルもレンタルプラン内

ヘアースタイルも、着物に合わせてセットしてくれ、髪飾りもレンタルプランに含まれているので、旅行中でアレンジできないヘアースタイルの悩みも解決です。

旅行中の荷物が…

せっかく着物に着替えたのに「キャリーバッグが邪魔」という方も、お出かけに必要のない荷物も預かってもらえるので、浅草散策が楽しくなります。

まとめ

東京・浅草を観光するのでしたら、タイムスリップしたような気持ちにさせてくれる「レンタル着物」をおススメします。下町散策の思い出を、粋に、華やかなものにしてみませんか。